南極大陸6話☆追記あり☆

視聴率が悪いとか、キムタク神話崩れるとか、なんやかんや言われてる南極大陸ですが…
それは、キムタクを見過ぎなのでは??
なんやかんや、おもろいもん。
なんやかんや、泣けるもん。
最近経費がかかってないと感じるドラマ界である中、この南極大陸のスケールの大きさは、それだけで他のドラマにはない魅力があると思うんだ。
そして、名脇役たち。
脇役なのに、全員知った顔たちってのもすごいスケールだよね。

なんてったって、堺雅人!!!
あの表情だけで泣けてくるもんね。


6話では…
ヒムロがとうとうワンコたちと抱き合った。
抱き合って涙したシーンはもうダダ泣きでしたよ、わたしわ。
ヒムロ、嫌いだったんだけど、倉持と山に登って頂上に達した時にやっとヒムロを受け入れられた…彼もトラウマに苦しんでて、そのトラウマを脱することがずっと出来なかったった弱さがヒシヒシと伝わってきて、でも、そんな自分をずっと隠してきてた。
嫌な奴じゃなかったんだ。
そういう背景から来たヒムロの色んな涙には完全にやられたわ。


来週はいよいよワンコたちを置いて来ちゃうところかな。
見るの辛いな……



そんなこんな、スケールや脇役、ワンコたちの名演技、すべてをひっくるめて、南極大陸はわたし的にはナンバーワンドラマになっております!!!

原作とされた本も買っちゃったしね(笑)

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。